ブログ

保険の銀歯は錆びる 能代市 北秋田市 大館市

2018/03/10
保険診療

以前から保険の銀歯は錆びるとお話しています。そのことがよくわかる症例があったのでここで、その症例を解説します。

銀歯が取れたとある患者さんが来院しました。写真は撮れた銀歯です。

銀歯の表の写真です。光っています。裏を見てみます。

黒いですね。錆びです。口の中で錆びて黒くなっています。

お口の中を見てみます。向いて右側の一番奥の歯から外れたのですが、歯を見て下さい。セメントがついています。セメントが歯にぴったりとついていながら銀歯が外れたのです。幸いなことに歯は虫歯にはなっていませんでした。セメントが歯にしっかりついていたからです。セメントが歯から外れていたら虫歯になっていた確率はずっと高まります。


銀歯を口の中にセットした時はセメントと銀歯がついていました。が時間をかけてセメントと金属の間を錆びが進行し、錆がセメントと金属を引き離し、銀歯が脱落したのです。


錆びて取れる、錆びて虫歯ができる。そんな危険性のある保険の銀歯を説明なしで患者さんの口に入れることはできません。


取れたものをお口に戻すことはできますが、またとれる可能性が高いので、患者さんに説明し、患者さんは他の方法を選択しました。

この患者さんの銀歯は小さかったので、保険の白い詰め物で詰めました。

 虫歯の処置として被せたり詰めたりする場合、錆びない素材を使用し、強固な接着を行うこと。これは虫歯の治療として最低限必要なことです。錆びる素材を使用することは一時しのぎと捉えたほうが良いです。

 

 向いて左の一番奥はフルジルコニアクラウンが入っています。錆びない素材で強固な接着を行っています。フルジルコニアクラウンが入って6年経過しています。まだまだ持ちます。というか、この患者さんのジルコニアクラウンは生涯使えそうです。この患者さんは適切な時、と場合に適切な歯磨剤を適切なブラッシング法で歯をよく磨いているからです。


 保険の銀歯に代わる良いものを入れることは大切です。が、患者さんが正しいブラッシングで歯を磨くことと歯科医院でのチェックを適切な間隔で行うことも大切です。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防