矯正症例72 AngleⅢ級叢生|ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

矯正症例72 AngleⅢ級叢生

治療開始年齢23歳2か月

治療期間2年8か月、抜歯部位:上顎左側4番、上顎右側5番、下顎左右5番
マルチブラケット法による歯列矯正、保定:上下顎Bond-A-Splint、Beggタイプリテーナ―
治療費88万(税別) 

矯正症例72 AngleⅢ級叢生
矯正症例72 AngleⅢ級叢生

 この症例は結構難しい症例です。抜歯部位の選定に非常に悩みました。術前の写真を見て貰うと分かって頂けると思います。下顎の左右5番がカリエスで黒ずんでいます。そこで5番を抜歯しました。下顎の5番抜歯と同時に6番をslowextractionの予定で抜髄してあります。言い換えれば、下顎左右の6番は抜歯前提で治療を勧めたのですが、治療過程で結局は6番を残すことになりました。そこで下顎の左右6番はe-maxインレーで歯冠修復してあります。
 下顎の左右4番がローテーション気味に見えますが、4番の遠心面の形態と6番のコンタクトポイントの形態を、歯列の安定性から検討すれば、ローテーション気味で良いと判断できます。
 今回は下顎の大臼歯にropetieを用いて微調整を行いました。その結果前歯、臼歯とも良好な咬み合わせが確立されました。

   歯列矯正には以下のリスクを伴う場合があります。


歯列矯正をすることで虫歯、歯周病のリスクが高まります。歯根吸収、歯肉の裂開、歯肉の退縮、ブラックトライアングルの出現の可能性があります。
治療期間が予定より長引くことがあります。動的治療終了時の歯列は永久に保持されるものではなく、経年的に多少なりの変化があります。


最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ