ウオーキングブリーチ 黒い歯のホワイトニング 神経が死んだ歯のホワイトニング|ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

ウオーキングブリーチ 黒い歯のホワイトニング 神経が死んだ歯のホワイトニング

結論
神経が死んで黒くなった歯、抜髄して黒くなった歯のホワイトニングは歯の内部を漂泊するウォーキングブリーチが最適です。
前書き
神経が死んで黒くなった歯、抜髄した後黒くなった歯のホワイトニングにはウォーキングブリーチが最適です。ウオーキングブリーチは象牙細管に入り込んだ汚れ(色素)を過酸化水素を利用して漂泊する方法です。

ウオーキングブリーチの症例写真を以下にお見せします。
1枚目の写真は初診時の写真です。左上一番を抜髄処置後cr充填し、数年して色が黒くなりました。2枚目は3回ウォーキングブリーチした後の写真です。


ウオーキングブリーチ 黒い歯のホワイトニング 神経が死んだ歯のホワイトニング
ウオーキングブリーチ 黒い歯のホワイトニング 神経が死んだ歯のホワイトニング

このウオーキングブリーチにはいくつか問題点があります。

①やっている歯科医院が少ない。
②保険が効かない
③白くならない歯がある。
以上の3点に関して順に解説します。
①やっている歯科医院が少ないという点ですが、
歯科医院がやりたがらないということです。ほとんどの歯科医院で削って被せようとします。
以前来られた患者さんの内には他院で『削って被せないと白くできない』と言われた患者がいます。ウオーキングブリーチは保険が効きません、ですから、保険診療がメインの歯科医院では準備ができていなくて、削って被せようとするのでしょうか?
②保険が効かない
実は20年ほど前は保険が効いていたのです。私が歯科医になりたての頃は間違いなく保険適応でした。それが国の医療費削減の方針のあおりで、保険から外されました。保険適応だった頃でも歯科医院は削って前装冠を被せる方針だったところが多かったです。手間ばかりかかって、利益が出ないからです。
③白くならない歯がある。
これは金属イオンが溶けだして歯に染まったものは白くならないということです。アマルガム充填で黒くなった歯を白くなりません。金属の土台が入った歯も、たとえ土台を除去して後ウオーキングブリーチしても白くはなりません。
バクテリアが出す色素、その他の汚れ、による着色は白くなります。

当院ではのウオーキングブリーチの料金は1歯初回3300円(税込み)

2回目以降2200円(税込み)となります。

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ