気の毒な患者さん|ブログ|患者さんに寄り添ったインプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

気の毒な患者さん

 これもある患者さんの話です。

年齢は30歳代のまだ若い方がインプラントの相談をしたいと来院されました。お口の中を拝見すると右下に部分入れ歯、左上に5歯欠損の部分入れ歯が入っていました。口の中はおばあちゃんなのです。30歳台でこの歯はさぞかし本人もショックでしょう。左上の入れ歯のクラスプがかかっている犬歯が折れていました。その歯は抜歯が必要でした。

 当院を受診した経緯は以下の通りです。
右下のブリッジを装着した歯が虫歯で残せなくなりました。そこでかかりつけの歯医者で抜歯して3本歯の入れ歯を入れていました。入れ歯を入れて1年ほどで今度は左上のブリッジを装着している歯が虫歯で残せなくなり抜歯になりました。そして左上は4本の歯でできた入れ歯が入りました。

入れ歯を左上に初めて入れた時に、これはばねのかかる歯に悪いだろうなと不安だったけど、不安が的中。入れ歯を使って3か月ほどしてばねの掛かっている犬歯が動揺して歯茎が腫れてきました。レントゲンで歯が折れていると判明しました。この歯も抜歯が必要になりました。

入れ歯を入れることで歯が悪くなり徐々に入れ歯が大きくなってきました。また入れ歯を入れたら更に歯が無くなる。そう確信を持ちインプラントを入れようと決心しました。

かかりつけの歯科医にインプラント治療ができるか相談したところ,「骨がないからできない。詳しいことは専門のところへ相談してみては如何でしょうか?」

と言われ、紹介状を書いてもらいました。紹介状をもって口腔外科専門の医療機関を受診しました。

 紹介先の医院

紹介先の衛生士が予診でその患者の口を見て言いました。

「入れ歯じゃだめですか?」「歯を抜きたくなければ、折れている3番は根っこだけ残して今使っている入れ歯より一つ歯が増えた入れ歯を使う方法がありますよ。」
「インプラント希望なら先生に診て貰いますね。」

そこの歯科医師は患者の口の中を診て以下の様に言いました。

「骨が少ないので増骨手術をして1年待って骨ができているのを確認してからインプラントを入れます。骨ができていなかった場合は別な手法でやり直してもう1年待ってインプラントを入れます。」

以上の対応から患者は紹介先でのインプラント治療を断念しました。次にどこへ相談しようか相談先の選考に悩みましたが、患者の知人でよつじ歯科医院でインプラントをやったひとがいるので相談に来院しました。

当院へ来院した経緯を考察してみます

 先ず最初に皆さんこの衛生士の対応どう思います?

入れ歯が嫌だからインプラントをやりたくてその相談に来たのに、「入れ歯じゃだめですか?」って対応。
これって酷い対応じゃないですか?

患者に迷惑ですし歯科医院にとって大きなマイナスです。

 はっきり言って、こんな歯科衛生士がいたらその歯科医院は潰れます。患者はその歯科医院へ通院したくありません。

 大病院の歯科になると売り上げが上がっても直接給料に反映されないからと診療を縮小する方向にもっていくブラック衛生士が跳梁します。同一労働同一賃金の社会になりますから、ボーナスで差をつけてほしいです。

 次に紹介先の歯科医が患者に提案したインプラントの手法です。これも問題があります。

増骨して1年待機の後のインプラント埋入は患者の身体的な負担が大きすぎます。手術が2回です。その上時間がかかりすぎです上部構造装着まで1年半の歳月が必要になります。

 当院では増骨と同時にインプラント埋入し9か月の待機期間を経て上部構造が入る手法を提案しました。

そして、患者さんはそれを受け入れました。

 かかりつけの歯科医院から紹介された医療機関では、患者さんに自分がやりたい治療を提案しています。患者が望む歯科治療を提案しようと思うなら複数の治療法を提示して選んでもらうのが良い筈です。医療機関にとって最も取り組みやすいやり方で患者対応に於いてシステム化し易い筈です。

 





 



 





 



 




最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ