矯正症例57 下顎前突傾向を伴うAngleⅠ級叢生|ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

矯正症例57 下顎前突傾向を伴うAngleⅠ級叢生

矯正症例57 下顎前突傾向を伴うAngleⅠ級叢生
矯正症例57 下顎前突傾向を伴うAngleⅠ級叢生

 初診時13歳6か月 主訴 審美障害  診断:下顎前突傾向のあるAngleⅠ級上顎前突。抜歯部位:上顎左右4番。下顎左下2番右下1番 治療装置 KBTマルチブラケットシステム 治療期間26か月 治療費総額82万円(税別)


 上顎左側2番が栓状歯なのでCR添加による形態修正を行い下顎前歯部にIPRを施し上下のtoothsizeratioを合わせました。下顎左側2番は過剰歯との癒合歯でした。ですのでその歯を抜歯しました。

途中でアンカースクリューを使用することで治療期間の短縮となりました。


 列矯正には以下のリスクを伴う場合があります。


 歯列矯正をすることで虫歯、歯周病のリスクが高まります。歯根吸収、歯肉の裂開、歯肉の退縮、ブラックトライアングルの出現の可能性があります。
治療期間が予定より長引くことがあります。動的治療終了時の歯列は永久に保持されるものではなく、経年的に多少なりの変化があります。


最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ