ブログ

バネの見えない入れ歯3 バルプラスト スマイルデンチャー 能代市 北秋田市 大館市

2018/01/07
入れ歯

 先回はバルプラストの下顎両側遊離端義歯のおはなしでした。今回はその補足です。

ばねのかかる部位が入れ歯の片方にしかないものを遊離端義歯と言います。バネのかかる部位が入れ歯(歯の欠損部位の)の両側にあるものを中間欠損の義歯と呼びます。


遊離端義歯の場合、欠損部位が大きくなると噛んだ時にバルプラストが少しずれる場合があります。噛んだ力が横に働くと材料であるポリアミド樹脂の特徴でしなります。しなる性質がバルプラストの良いところですが横にしなるので食べ物が逃げる、顎堤に当たって痛いといったことがあります。原因がはっきりしているので対処法があります。

一番上の写真はその対象法の一つです。両側遊離端のバルプラスト義歯を金属で連結しています。こうすることで横ずれがかなり防止できます。

金属の連結部分は金属床義歯に使用のCo-Cr合金で製作されています。金属の厚さは保険の物と比べ非常に薄く作っています。ですから違和感がないと言われる患者さんも沢山います。


中間欠損の義歯では、バネが両側についているのでずれることはほとんどありません。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防