ブログ

銀歯の縁から虫歯 歯が痛い 能代市 北秋田市 大館市 歯科 歯医者

2017/11/15
未指定


今回は神経のある歯が金属の詰め物(インレー)の縁から虫歯になり(インレー2次カリエスと言います)、痛んで神経を取った(抜髄と言います)話です。

急患で歯が痛いと患者さんが来院しました。

右上第一大臼歯が痛いそうです。患者さんの言うところによると、昨日は痛くて寝くれなかったそうです。もっと詳しく聞いてみるとずっと前から痛かったそうです。


お口の中を見てみると、痛いと指さす歯は、その歯の前後の歯と色が違いました。透明感が強くなって、銀歯の下にうっすらと灰色な部分が透けて見えました。これは虫歯の特徴です。  多くの方が虫歯というと穴が開いていると思っていますが、穴が開いていない虫歯もあります。穴があっても肉眼で確認できない非常に小さな穴の場合もあります。今回は銀インレーの縁が小さく欠けていてそこから中で大きく虫歯になっていました。(残念ながら口腔内の写真はありません。)


レントゲン写真をみると銀歯の中に大きく虫歯になっているのが解ります。




三本並んだ大臼歯の一番左が痛んでいる歯です。真っ白く映っているのは金属のインレーです。

向かって右隣りの歯に比べ歯の色が黒っぽいのが解ります。真っ白く映っている金属インレーの下で白い色が薄いのが解ります。そこが虫歯です。

 

虫歯かどうかの判断は以上の様にレントゲン写真とお口の中を見て(視診)診断します。

 

麻酔をして銀インレーを外すとやはりそこは大きな虫歯でした。

虫歯が大きかったので神経を取って根の治療になりました。次回の治療はお口の中の掃除になります。歯石を取って、お口の中をきれいにします。

根の治療をするにあたり大切なことがあります。できるだけお口の中はきれいにしてください。受診の前には必ず歯をきれいに磨いてください。治療中にお口の中が汚いと後ほど歯が痛む場合があります。

神経を取れば2度と痛まないと思っている方がいますが、それは間違いです。神経を取っても治療中にお口の中のばい菌が神経を取った管に感染して痛む場合があるのです。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院 よつじ歯科医院動画チャンネル 求人 よつじ歯科オフィシャルブログ よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防