ブログ

わかる矯正 上顎前突、秋田、北秋田、大館、能代、審美、ホワイトニング、インプラント

2017/03/02
未指定

下記のアドレスで上顎前突の治療の流れを動画で解説しています。動画では上顎前突と言ってますが厳密に言うと上下顎前突です。

スライドには出ていませんでしたが、この症例では治療期間が2年、治療費はトータルで75万(税別)となりました。


この『わかる矯正』シリーズは患者さんへの説明に使用するつもりで制作しています。多くの場合患者さんへの説明は口頭で伝えても伝わりきらない部分が多く、図解、や模型、写真で説明する機会が数多くあります。そんなわけで、映像は言葉に優るとの思いが自然にみについていったのか、気が付けば動画制作に取り組んでいました。


歯科関係の方がご覧になっている場合が多いと思います、その方々は動画の中で見たことない装置でやり方が違うと、珍しいものを見るような気持でご覧になっている方が多数いる筈です。世の中には矯正装置の種類が沢山あり、いろいろなテクニックが存在しています

しかしこの世で使われている矯正装置においてはエッジワイズブラケットが95パーセント以上を占めています。その現状がとても不思議でたまりません。そんなに優れた装置と思えないからです。具体的にいえばブラケットとワイヤーとの摩擦に代表されるブラケット固有の欠点から起こされる、数々のトラブルがあります。そのトラブルを回避するための対策を講じなければいけない煩わしさもあります。


そのような訳で、その装置を用いることは、それは難しいことを簡単にするのではなく難しいことを余計難しくやっているとしか思えない、そんな不思議な臨床治験が多数見受けられます。それだけでなく、最悪な場合も目撃しています。簡単なことを難しくしているのです。


ですから、そのような現状にありながら、というかそのような現状だからというか、よつじ歯科医院のHPと動画では殆どがベッグブラケット,KBTマルチブラケットシステムを用いて治療しています。このやり方が苦手とする局面が分かっているので、このやり方が完璧であるとは思えません。

しかし、他のやり方と比較するときわめて問題の少ないやり方である、との思いが日々強くなります。


これからも 難しいことを簡単にしようとするやりかたで治療していきます。



https://www.youtube.com/watch?v=shd_SbCGll8

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防