ブログ

歯列矯正の治療期間の解説、能代、大館、審美、インプラント、

2017/02/23
未指定

患者さんに治療期間がどのくらいかよく訊かれます。矯正相談時に説明しているのですが、たくさんのことを話すので忘れているのでしょう。人間は一回で覚えられるのが4つまでですから当然のことと受け止めています。もし自分が患者さんの立場だったらきっと同じく忘れているとおもいます。

uploadした動画には出ていませんが、世の中には『鋼鉄の顎』と呼ばれる恐ろしく動きの遅い症例があります。

私はかつて3人当たったことがります。そのうちの2人は10歳台なのに恐ろしく遅くて40歳台の動きでした。その二人は共通点がありdeepbiteでした。もう一人も反対咬合でdeepbiteでした。生体の防御反応で臼歯部の骨硬化が進んでいるのか?と推測しそうですが,biteopeningも遅いのは前歯部で骨硬化が進んでいるということでしょうか?体の骨密度に個人差があるのだから顎にあっても不思議ではありません。


https://www.youtube.com/watch?v=ZZcbRWHb7D8

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防