ブログ

NG矯正に注意 その1

2016/08/24
未指定

暫くジルコニア,e-maxの話が続いたので、久々に矯正の話です。




他院で矯正治療しているある男性の患者さんが、装置が外れているので応急処置してほしいと当院へ来院しました。お口の中を見て、彼が受けている矯正の進め方が不思議なので少し尋ねてみました。



 すると彼は矯正を小学4年から始め現在高校2年生です。本人は気にしていないようなのですが、かなりの出っ歯でした。上下に非抜歯のままブラケット、チューブ、ワイヤーが入っています。下の前歯に対して上の前歯が15mmほど前へ出ています。抜歯はしないのか尋ねたところ、治療をしている歯科医は抜歯の話をしていないそうです。いつ頃終わるか目途も立っていないそうです。


高2の8月にこんな状態だと卒業まで終わるのか?と、私は心配になりました。



 

疑問点がいくつかあります。



何故小学4年から始めたのか?ものすごく重症な出っ歯なら早くからやることはありますが、高校2年の彼の顔を見ると重症だったとは思えないのです。



なぜ抜歯しないのか?


普通なら11、12歳あたりで抜歯して2年前後で終了しているはずです。



 治療期間が長い。


長いのに良くならない。(同じ状態が1年近く続いたら怪しい)


子供に限らず大人でも、この2点があてはまるならNG矯正の疑いがあります。


この記事を読んで心配になった方は、矯正の実績がある医院に、セカンドオピニオンを求めることをお勧めします。



 




症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防