矯正症例69 上顎左側犬歯の先天性欠如を伴う Angle Ⅱ級叢生|ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

矯正症例69 上顎左側犬歯の先天性欠如を伴う Angle Ⅱ級叢生

難しい症例でした。

初診時23歳 性別;女性 診断:上顎右側犬歯先天性欠如と上顎右側7番欠損を伴うアングルⅡ級叢生 抜歯部位:上顎左側側切歯、下顎左右第二小臼歯 使用装置:歯列矯正用アンカースクリューを併用したマルチブラケット法
 治療期間2年4か月 治療費総額88万(税別)

矯正症例69 上顎左側犬歯の先天性欠如を伴う Angle Ⅱ級叢生
矯正症例69 上顎左側犬歯の先天性欠如を伴う Angle Ⅱ級叢生

動きが遅く、時間がかかった症例でした。右上3番が先天性欠如でしたので右上4番を犬歯と見なして、左上2番が矮小歯なので抜歯して左上3番を2番と見なしての治療となりました。


歯列矯正には以下のリスクを伴う場合があります。


歯列矯正をすることで虫歯、歯周病のリスクが高まります。歯根吸収、歯肉の裂開、歯肉の退縮、ブラックトライアングルの出現の可能性があります。
治療期間が予定より長引くことがあります。動的治療終了時の歯列は永久に保持されるものではなく、経年的に多少なりの変化があります。


最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ