矯正症例60 上下顎前突 口元もっこり |ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

矯正症例60 上下顎前突 口元もっこり 

矯正症例60 上下顎前突 口元もっこり 
矯正症例60 上下顎前突 口元もっこり 

初診時16歳4か月 性別男性 主訴:審美障害 診断:上下顎前突  抜歯部位:上下顎左右4番 8番 治療期間2年10か月 治療費総額75万円(税別)


KBTマルチブラケットシステムで開始の後KOSAKAプレーンアーチシステムへ装置を変更しています。


この症例は16歳4か月で開始し動的治療終了まで2年10か月と比較的長期間を要しました。現在では技術の進歩により、2年以内で治療終了になります。

矯正症例60 上下顎前突 口元もっこり 

横顔の変化が顕著です。すっきりしました。動的治療終了時の姿勢が悪くなっていますが。矯正が原因ではありません。spの使い過ぎではないかと推測されます。

列矯正には以下のリスクを伴う場合があります。


歯列矯正をすることで虫歯、歯周病のリスクが高まります。歯根吸収、歯肉の裂開、歯肉の退縮、ブラックトライアングルの出現の可能性があります。
治療期間が予定より長引くことがあります。動的治療終了時の歯列は永久に保持されるものではなく、経年的に多少なりの変化があります。


最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ