矯正症例51 下顎前突 叢生 能代市 北秋田市 大館市 |ブログ|患者さんに寄り添った歯列矯正、インプラント治療なら能代にあるよつじ歯科医院

0185-55-0061 CONTACT TEL MENU
ブログ BLOG

矯正症例51 下顎前突 叢生 能代市 北秋田市 大館市 

矯正症例51 下顎前突 叢生 能代市 北秋田市 大館市 
矯正症例51 下顎前突 叢生 能代市 北秋田市 大館市 

 治療開始年齢39歳4か月 性別女性 主訴:審美障害 診断骨格性下顎前突 治療期間4年2か月 抜歯部位下顎左右第二小臼歯  治療費総額92万(税別)


下顎大臼歯を前に移動するのに時間がかかりました。大臼歯の移動速度が遅いので治療途中から歯列矯正用アンカースクリューを使用しました。残り僅かの抜歯空隙閉鎖が遅く、コルチコトミー(骨に切れ目を入れる手法)を提案しましたが、患者から拒否されました。そのため抜歯空隙が左2㎜右1mm残ったまま終了しました。 しかし患者さんは主訴が改善され大変喜んで下さりました。


 40歳を越えても矯正は可能です。少し時間がかかるのは仕方がありません。下顎前歯部にブラックトライアングルが出現しましたが、これも仕方がありません。この症例ではどんな名医がやろうともできるものです。

 


列矯正には以下のリスクを伴う場合があります。


歯列矯正をすることで虫歯、歯周病のリスクが高まります。歯根吸収、歯肉の裂開、歯肉の退縮、ブラックトライアングルの出現の可能性があります。
治療期間が予定より長引くことがあります。動的治療終了時の歯列は永久に保持されるものではなく、経年的に多少なりの変化があります。


最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ