ブログ

ブリッジをお勧めしない理由 インプラント 能代市 北秋田市 大館市 秋田市

2017/12/19
インプラント

歯をなくした場合、無くした歯を補う方法が3つあります。入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの方法です。

これから何回かに分けてこの3つの方法に関し説明をします。今回はブリッジをお勧めしない理由を説明します。


ブリッジをお勧めしない理由の一つに骨吸収が進行する危険があります。

上の写真は10年ぶりに当院を受診した方のパノラマX線写真です。こうなる前に受診してほしかったです。ブリッジ,連結冠の入っている歯の骨吸収が進んでいるのが解ります。つながると歯の動きが少ないので歯周病進行に伴い骨吸収が過度に進行します。繋がっていないと歯周病の進行に伴い歯が動揺し自然と抜け落ちた筈です。写真の様に骨吸収が進む前に歯が抜け落ちた筈です。


骨の吸収が進むことは老化が進行していることになりますからブリッジを入れることで口腔内が過度に老化する危険が有るわけです。

また骨の吸収が角に進むとその端の隣の歯を支えている骨も少なくなります。すると隣の歯もぐらつきます。つまり、隣の歯が原因で健康だった歯の寿命が短くなる危険があります。


抜歯で骨がどこまで回復するか心配です。


症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防