ブログ

インプラント ソケットリフト よつじ歯科医院 骨が足りない 能代市 北秋田市 大館市

2017/12/24
未指定

インプラントを上顎大臼歯から小臼歯にかけて埋入する場合に骨の厚みが足りない場合があります。その部位は骨の底に上顎洞という骨の空洞があり口腔内からは想像できないほど骨が少ない場合があります。

その場合ソケットリフトと言って上顎洞(小臼歯~大臼歯にかけてある骨の空洞)の底から骨補填材(人工骨)を入れて持ち上げて骨の厚みを造成します。


大体8~5mmぐらいの深さがあればソケットリフトが可能です。


写真は上顎洞底まで8mmの骨の厚さがある右上第一大臼歯部に長径6mmのBiconshortインプラントをソケットリフトして埋入しものです。


以前骨の厚みが足りない場合は初期固定を得られないので(インプラントがぐらつく)Biconインプラントはできませんと書きました。この写真の症例の場合充分に初期固定がありましたのでソケットリフトできました。

インプラントを上顎大臼歯から小臼歯にかけて埋入する場合に骨の厚みが足りない場合があります。その部位は骨の底に上顎洞という骨の空洞があり口腔内からは想像できないほど骨が少ない場合があります。

その場合ソケットリフトと言って上顎洞(小臼歯~大臼歯にかけてある骨の空洞)の底から骨補填材(人工骨)を入れて持ち上げて骨の厚みを造成します。


大体8~5mmぐらいの深さがあればソケットリフトが可能です。


写真は上顎洞底まで8mmの骨の厚さがある右上第一大臼歯部に長径6mmのBiconshortインプラントをソケットリフトして埋入しものです。


以前骨の厚みが足りない場合は初期固定を得られないので(インプラントがぐらつく)Biconインプラントはできませんと書きました。この写真の症例の場合充分に初期固定がありましたのでソケットリフトできました。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防