一般歯科

虫歯の原因

歯の表面のプラーク(歯垢)の中にはさまざまな細菌が存在します。その細菌が食べ物に含まれる糖分を栄養にして酸をつくりだし、歯の表面のエナメル質を徐々に溶かしていくことを脱灰(だっかい)といいます。また、人の唾液には、酸に抵抗し、溶けた部分を元に戻す(酸性から中性に戻す)力があります。これを再石灰化といいます。しかしながら、唾液や歯質、食生活などによって再石灰化が追いつかない場合があります。これが虫歯の初期段階です。残念ながら自覚症状はありません。まずは早期に発見することが大切なので、定期的な検診にぜひお越しください。

虫歯の原因

虫歯の進行と治療

CO

歯の表面のエナメル質が酸によって溶かされはじめている状態です。白く濁った状態のみで、痛みはありません。特に乳歯や生えたばかりの永久歯は、虫歯の進行が早いので注意が必要です。

治療法
毎日の正しい歯磨きやフッ素塗布などを行なうことで、唾液の働きによる歯の再石灰化(歯の修復)を促し、歯を削ることなく自然治癒が可能です。
CO

C1(エナメル質までの虫歯)

エナメル質がさらに溶けだし虫歯が始まった状態です。自覚症状はありません。 虫歯の状態が小さいうちに治療が開始できるよう、定期検診にお越しいただくことが大切です。

治療法
再石灰化はほとんど期待できませんので、虫歯になった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。
C1(エナメル質までの虫歯)

C2(象牙質に達する虫歯)

エナメル質の下にある象牙質に虫歯が達しています。象牙質はエナメル質より柔らかい組織なので、虫歯の進行が速くなります。冷たいもの、甘いものなどがしみ始めたりします。

治療法
虫歯になった部分を削り、C1と同様レジンを詰めて補います。虫歯の範囲が大きい場合は、金属やセラミックなどの詰め物(インレー)で欠損部を補います。
C2(象牙質に達する虫歯)

C3(神経に達する虫歯)

虫歯が歯髄(神経)まで進行し、大きな穴が開いている状態です。飲食物が触れただけでも痛みを感じたり、何もしなくてもズキズキと痛み出す場合があります。

治療法
虫歯の部分を取り除き、歯の神経を除去します。神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行ない、土台を補強して被せ物をします。
C3(神経に達する虫歯)

C4(歯の根に達する虫歯)

歯の大部分が溶けて無くなり、根だけが残った状態です。
神経が死んでしまい、痛みを感じなくなりますが、歯の根に膿みが溜まると再び痛みを生じます。

治療法
C3の場合と同様に治療し、被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。失った歯の機能を補う治療(入れ歯やブリッジ、インプラントなど)をします。
C4(歯の根に達する虫歯)

虫歯にならないためには

虫歯になってしまったら、その部分を削り、代わりとなる詰め物・被せ物で治療して歯の機能を改善することができますが、ご自身の歯を削るということは、それだけ歯が弱ってしまうということです。今ある健康な歯を末永く使用していきたい、または同じ歯に対して治療を繰り返さないためにも、虫歯にならないように予防していくことが必要です。当院では、予防のプログラムを実施し、患者さんの虫歯リスクを軽減させるお手伝いをしています。

詳細はこちら
虫歯にならないためには

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

当院では、なるべく痛みの少ない治療を心掛け、麻酔注射の痛みを極力軽減するいくつかの方法を組み合わせながら治療にあたっています。
まず、針を刺すチクっとした痛みを抑えるため、細い針を使用し、表面麻酔を歯肉に塗り、痛みの感覚を麻痺させます。さらに麻酔液が入っていくときの圧力による痛みを抑えるため電動の麻酔注入器を使用し、一定の速度で麻酔液を注入していきます。
また治療時の痛みの軽減として、歯周病や虫歯などの治療に炭酸ガスレーザーを使用しています。
上記の器具だけでなく、リラックスした状態で歯科治療を受けることができれば痛みはより軽減されます。快適な空間を心掛け、親切な対応で患者さんの緊張をときほぐしていきます。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防