院長紹介

院長紹介

院長挨拶

院長  四辻 登

お口の健康から全身の健康が始まります。

生活習慣病のなかでもとりわけ、糖尿病、脳卒中、心臓病は、歯周病との密接な関係がはっきりと示されています。また、歯を失う本数が多いほど肥満、認知症になるリスクが高くなることや、奥歯で噛まないことで全身の筋力の衰える進行が早まることがわかっています。
それらが、頭痛、腰痛、摂食嚥下障害、誤嚥性の肺炎の原因になりますし、高齢者の転倒事故の間接的な原因にもなっています。
これらの予防と進行の遅延には、歯周病、虫歯の予防と歯を残すこと、失った歯を入れ歯、ブリッジ等で補うことが大変有効であることが分かっています。

以上から歯科医院が全身の健康を支援していることがご理解いただけると思います。

よつじ歯科医院では皆さんの全身の健康を支援する歯科医院として機能するよう努力しています。

略  歴

• 国立北海道大学理学部中退
• 様々な職業を経た後、歯科医を目指す
• 平成9年国立新潟大学歯学部卒業
• 平成9~11年湊谷歯科医院勤務
• 平成11年よつじ歯科医院・インプラント矯正クリニック開設
• 特定非営利活動法人日本ベッグ矯正歯科学会認定
   矯正歯科認定医・認定委員
• 国際口腔インプラント学会会員

開業後の活動

2015年7月
第37回特定非営利活動法人日本ベッグ矯正歯科学会大会学術発表
『KBTマルチブラケットシステムの臨床その2』
2013年9月
第35回特定非営利活動法人日本ベッグ矯正歯科学会大会学術
発表「KBTシステムを用いた臨床」
2012年12月
Journal of Begg Orthodontics
CLINICALREPORT
Application of 3DCT in orthodontic treatment
2012年9月
特定非営利活動法人日本ベッグ矯正歯科学会大会依頼講演
「インナービューティーを考慮した診断とKBテクニックの成人症例」
2011年9月
第33回日本ベッグ矯正歯科学会大会依頼講演
「やさしい3DCTの利用法」
2010年7月
第32回日本ベッグ矯正歯科学会 大会学術発表
「下顎第一大臼歯抜歯による骨格性下顎前突の1治験例」
2009年6~9月
一般臨床医のための矯正セミナー盛岡ベーシックコース主催
2009年7月
第31回日本ベッグ矯正歯科学会大会学術発表
「成人Skeletal classⅢの一治験例」
2007年9月
第29回日本ベッグ矯正歯科学会大会実行委員長
2007年9月
第29回日本ベッグ矯正歯科学会大会学術発表
「第一大臼歯抜歯による成人上顎前突の一治験例」
2006年1月
日本ベッグ矯正歯科学会東京支部例会臨床報告
「QDSⅡの使用法」
2005年9月
第27回日本ベッグ矯正歯科学会大会学術発表
「非抜歯により骨格性Ⅲ級を治療した2症例」
2005年9月
Journal of Begg Orthodontics
「An Angle classⅠcrowding case with a tendency of bimaxillary undergrowth」
2003年9月
第25回日本ベッグ矯正歯科学会大会症例展示
「AngleⅠ級叢生の治療」

セミナーと症例相談会のご案内

一般開業医のための矯正セミナー、症例相談会を盛岡で定期的に開催しています。
青森、秋田、岩手の先生方が多数参加されえています。 当セミナー、症例相談会の特徴…チェアタイムが短いため、一般診療をしながらでもできる矯正です。 ブラケットの種類は問いません。お好きなブラケットでできます。 お困りの先生方が資料を持って相談にお越しいただいています。 矯正をこれから始めようという方、矯正の勉強につまずいた方にもお勧めです。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防