入れ歯

当院の入れ歯

当院の入れ歯

当院では、歯を失った患者さんに入れ歯による治療を行なっています。入れ歯には保険適用の入れ歯と自費診療での入れ歯があり、使われる素材や費用に差が生じます。
決して保険の入れ歯が粗悪というわけではありませんが、どうしても自費の入れ歯と比べてしまうと、噛み心地の精度や長期でご利用された場合の劣化速度などを考慮すると、やはり患者さんには自費での入れ歯を使っていただきたいと考えています。
もちろん、選ぶのは患者さんですので、ゆっくりお話し合いをして治療内容を決定していきますし、患者さんの選ばれた治療に最善を尽くさせていただきます。

当院で取り扱っている入れ歯の種類(自費の入れ歯)

バルプラスト義歯

バルプラスト義歯とは、使われる素材にナイロン系樹脂を使用することにより、従来の入れ歯よりも非常に軽量で弾力性にも優れ目立たない入れ歯にすることができます。
また、装着することにより体温で温められると更に弾力性が増すため、より口腔内にフィットしていきます。
ただ、補修ができないため壊れてしまうと新たに制作しなければなりません。
※こちら部分入れ歯になります。

スマイルデンチャー

装着部分が全てナイロン系樹脂で作られているため弾力性が非常に強く壊れにくいです。また、金属の止め具がないので金属アレルギーの心配がなく安心してご利用いただけます。装着感は軽量で無味無臭のため非常に快適です。審美性にも大変優れているので、まさにスマイルの名称に則した入れ歯となっています。
※こちら部分入れ歯になります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、名称にもあるように、ノン(無)クラスプ(止め具)の義歯です、柔軟性があり半透明のため見た目にも自然な印象をあたえ、入れ歯だと分かりにくいです。また、薄くて軽いので長時間使用しても付けていることを忘れるぐらいに口腔内に馴染みます。
※こちら部分入れ歯になります。

症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防