歯周病

歯周病について

始めに
日本人の80%が発症している歯周病。まさしく国民病です。
虫歯が減る一方で、歯周病が増えています。何故なら日本人の平均寿命は延びているからです。そのため皆さん他人事ではありません。自覚症状がなくとも既に歯周病を発症しているかもしれませんし、現在は歯周病でなくとも将来発症する可能性が高いといえます。
自覚症状のある方も、そうでない方もその怖さと歯をなくすことの危険性について理解してください。
近年、歯周病と循環器障害(脳梗塞心筋梗塞)、糖尿病、との関係が明らかになっています。歯周病を発症すると、そうでない人に比べ脳梗塞を発症する率が2.8倍になります。欠損歯が多いほど認知症になる率も高くなることが分かっています。
歯周病を治すには歯周病を知ることから始まります。

歯周病の基礎知識

歯周病の作用機序

歯周病はお口の中にいる歯周病原菌の感染により始まります。菌の感染とその産生物質により病状が進行します。 お口の中には常時300~400種類の細菌が存在しています。そのなかでも、アクチノバチルス、アクチノマイセテムコミタンス、プロフィロモナスジンジバリス、プレボテーラインテルメディア、スピロヘータ等が歯周病の原因菌と特定されています。

これらの菌が、歯肉溝(歯と歯茎の境目)で増えると歯周ポケット(歯肉溝が病的に深くなったもの)が形成され、歯ぐきが腫れて歯槽骨(歯を支えている骨)の破壊を起こします。これが歯周病です。

図1-1 歯周病原菌

歯周病巣細菌叢 ①歯周病巣細菌叢
プロフィロモナス・ジンジバリス ②プロフィロモナス・ジンジバリス
スピロヘータ ③スピロヘータ

図1-2 健康な歯肉と歯周病

スピロヘータ

良いバイオフィルムと悪いバイオフィルム

プラークもバイオフィルも細菌の凝集体であることに変わりありませんが、バイオフィルムはコロニーを形成し、それにより菌の性質が変化する意味を含みます。これだと難しいのでプラークの膜と捉えてください。
健康な歯肉溝ではバイオフィルムの75%が口腔内常在菌で、その中に歯周病の病原菌は存在せず、なかには口腔内の健康を維持する細菌がいるくらいです。ところが成人型歯周炎の歯周ポケットでのバイオフィルムではグラム陰性嫌気性桿菌が75%を占めます。
このように健康な歯肉溝と歯周ポケットとではそこに存在するバイオフィルムに大きな違いがあります。

このことから、歯周病の治療にはグラム陰性桿菌をバイオフィルムから減らすのが有効だと解ります。

危険因子について

<危険因子(リスクファクター)を理解して歯周病菌を減らしましょう>
歯周病は細菌感染による炎症性疾患です。感染させないことが大切ですが、感染しても増殖させないことが治療と予防にとって大変有効になります。
歯周病には危険因子(増殖させる因子)があります。
危険因子には全身因子と局所因子があります。
例えば歯周病になった方が糖尿病を持ちヘビースモーカーであれば歯周病は悪化します。(全身因子)
プラークの停滞しやすい補綴物(被せ物、ブリッジ)があれば歯周病はその部位だけ悪化します。(局所因子)
歯周病の治療中に危険因子を減らせば治療効果は高まります。
歯周病を治しても危険因子が多ければ再発の危険が高まります。
歯周病でなくとも、危険因子が多ければ歯周病になる危険性が高まります。

治療にも予防にも危険因子を取り除くことがとても大切です。

—-局所的因子—-
歯の形態  分岐部の位置
      特異な歯根形態
      隣接面
歯根の近接 例えば上顎第一大臼歯の遠心頬側根と第二大臼歯頬側近心根
歯列不正  叢生(でこぼこ)、上顎前突の一部
異常習癖  歯ぎしり、食いしばり等
不良補綴物

—-全身的因子—–
遺伝的要因
内科的疾患  糖尿病、膠原病、リウマチなど
薬剤の副作用 抗テンカン薬、免疫抑制剤、狭心症予防薬
精神的ストレス
ホルモンの異常分泌 思春期、妊娠、更年期におけるホルモンの変化
喫煙
偏った食生活

歯周病の2大危険因子である喫煙、糖尿病

歯周病と喫煙

癌、循環器障害(心臓病、脳卒中)、呼吸器疾患(肺気腫、喘息)を起こす危険因子として喫煙した総本数が挙げられます。歯周病でも同様に喫煙の本数が重要視されます。多ければ多いほど歯周病発症の危険性は増し、症状を増長させます。

  • 1)血管収縮作用(歯周組織の血流障害により組織の代謝、再生が正常に行なわれない)
  • 2)歯ぐきの繊維化(歯周組織の血流障害が原因で繊維化し、歯ぐきが硬くなり、症状が出にくい。そのため症状が出たときにはかなり進行している場合がある)
  • 3)白血球の機能抑制(一酸化炭素、ニコチンなどにより免疫能、微小循環系、好中球機能サイトカイン産生能に影響を与える)
  • 4)歯周組織の修復機能に対する悪影響(繊維芽細胞、骨芽細胞の働きを抑える)

《怖い受動喫煙》子供のいる家庭は要注意

また能動喫煙だけでなく受動喫煙(副流煙)でも直接歯周病に影響を与えます。お子さんの歯ぐきにメラニン色素沈着が表れたら、高確率で近親者の喫煙が影響していることが分かっています。近親者の喫煙が疑われる場合、禁煙することでお子さんの歯肉メラニン色素沈着が高確率に治っています。ご本人の禁煙と受動喫煙をなくすことで歯周病が改善します。

糖尿病と歯周病

歯周病は糖尿病の3大合併症といわれる、腎症、網膜症、神経症についで6番目の合併症です。両者は綿密な相互関係にあります。それを裏付ける報告があります。その報告では実際に歯周病を発症している糖尿病患者に歯周病治療を開始し定期的にメンテナンスを行なったところ、症状が改善しています。糖尿病の治療に歯周病の治療を組み入れる療法は、まだ一般的ではありませんが、超高齢化社会の我国では検証を進め、内科との連携が広まることが期待されています。

糖尿病の人は歯周病になりやすい

歯周病原菌の感染症である歯周病は、その発症と進行には遺伝的因子、環境的因子に加え、身体の抵抗力が大いに関係しています。
糖尿病に対する抵抗力への影響には以下のものがあります。マクロファージの機能低下、コラーゲンの代謝異常、微小血管障害、血管壁が脆弱化する、創傷治癒遅延

歯周病の人は糖尿病になりやすい

グラム陰性桿菌から出されるLPS(内毒素)が歯ぐきから血管に入り込み、マクロファージからのTNF-αの産生を促進します。
これにはインシュリンを効きにくくする働き(インシュリン抵抗性)があり、歯周炎により上昇した血糖値をコントロールすることが難しくなります。それと同時に歯周炎もますます進行するという悪循環に陥ります。血中に十分インシュリンがあるのに効果が発揮されない状態が続くと、身体はよりインシュリンを出そうとします(高インシュリン血症)。この状態が長く続くとインシュリン産生細胞である膵β細胞が疲労して末期の糖尿病になります。

 

歯周病の治療

歯周病の治療について大まかな流れをご説明します。具体的な治療法は患者さんそれぞれで違います。実際にお口の中を見て診査診断をしたうえで、患者さんにあった治療法を決定していきます。

治療を受けるうえで忘れてはならないこと

  • 1)歯周病は口腔内細菌感染により発症します
  • 2)慢性疾患であり、ある程度コントロールはできるが、完全な治癒は難しい
  • 3)歯周ポケットから歯石、バイオフィルムを完全に除去するのは不可能である
  • 4)歯周病治療後メンテナンスをしなければ再発する
  • 5)治療、メンテナンスだけでなく、ケアがとても重要である

図3 治療の流れ(後ほど図解にします)

診査、診断
患者さんへの情報提供
プラークコントロール
再評価 メンテナンスプログラムの決定
メンテナンス 悪いバイオフィルムから良いバイオフィルムへの定期的なリセット

歯磨き
治療を進めていくうえで、口腔内の細菌の減少、抑制が必要です。そのために患者さんご自身によるプラークコントロールを続ける必要があります。歯磨きの方法は患者さんによって違ってきます。詳しくご指導いたします。

系統的ブラッシング 図5 系統的ブラッシング
フロス 図6-1 フロス
歯間ブラシ 図6-2 歯間ブラシ

スケーリング、ルートプレーニング
スケーリングとは歯肉縁上、縁下の歯表面からプラークおよび歯石を除去する処置、ルートプレーニングは残存埋入縁下歯石とセメント質の一部を歯根から除去し内毒素のない清潔で固く滑沢な根面を作る処置です。

歯周炎 図7-1 歯周炎
スケーリング後 図7-2 スケーリング後
ルートプレーニング後 図7-3 ルートプレーニング後

とても大切なメンテナンス

メンテナンスの目的

歯周病治療を長期にわたり成功させるには、メンテナンスが欠かせません。バイオフィルムの除去によって得られた口腔内の健康な状態を維持するためです。一般的には歯周ポケット内のグラム陰性桿菌は処置後12~16週で元の状態へ戻ります。
悪いバイオフィルムから良いバイオフィルムへ定期的にリセットするのが目的ともいえます。
患者さんによってメンテナンスの期間もチェック項目も違ってきます。
患者さん一人ひとりに最適なメンテナンスプログラムを作成しています。

リコールの重要性

リコールの間隔は基本的に3ヶ月ですが、患者さんによりその間隔は違います。上手に歯磨きができない方はどうしても間隔を狭める必要があります。
リコールに定期的にお越しいただけなければ歯周病は悪化したり、再発します。
歯周病だけでなく虫歯の予防にも大変有効です。

ルートプレーニング後
図8 リコールの効果
参考文献 ラタイチャーク 歯周病学カラーアトラス 西村書店
     臨床歯周病学第2版 医歯薬出版
症例集 お客様の声 よつじ歯科ホワイトニング審美クリニック よつじ歯科医院動画チャンネル 求人よつじ歯科オフィシャルブログ 活動報告 噛んで認知症予防